MIU404の原作ネタバレはある?最終回結末予想まとめ

スポンサーリンク

TBSの金曜10時放送のドラマ【MIU404】(ミューヨンマルヨン)は警視庁警備部・機動捜査隊を舞台にした刑事ドラマです。

ドラママ
ドラママ

たくさんある刑事ドラマの中で、働き方改革の一環として機動捜査隊に設立された架空の部署を舞台にしているので、今まで無かった設定の刑事ドラマと言えるますね。

さらに、W主演の綾野剛さんと星野源さんのタッグを組むことでも話題のドラマですね。 現在、『コウノドリ 傑作選』が放送されているので、綾野さんと星野さんの共演を見て【MIU404】の放送開始が待ち遠しくなっている人も多いのではないでしょうか。

また、【MIU404】は脚本家の野木亜紀子さんが手掛けると言うことで、制作発表と同時に期待の声が上がったドラマでもあります。

野木さんと言えば、誰もが知っている社会現象を巻き起こした作品を多く手掛けた脚本家で有名です。

そこで気になるのが、ドラマ【MIU404】の原作はあるのか?そして、どのようなストーリー展開になるのか?ですね(^^♪

この記事では【MIU404】の原作ネタバレ、脚本家について、どのような最終回を迎えるのか結末予想などを紹介していきます。

ーーー6/6更新しましたーーー

【MIU404】は2020年6月26日 金曜日 22時放送開始です。

ーーー6/6更新ここまでーーー

スポンサーリンク

MIU404の原作・ネタバレはある?

 最近は漫画や小説などを原作としたドラマが多いですよね。

そこで、【MIU404】にも原作があるのかを調べてみました。

しかし、【MIU404】の原作はありませんでした!

 今回のドラマの為に作られた、一話完結のオリジナルストーリーになります。

MIU404のストーリーはドラマオリジナル

MIU404の脚本は野木亜紀子さん

野木亜紀子さんは、数々の作品で脚本賞を受賞した経歴を持つ脚本家です。

2013年には『空飛ぶ広報室』(TBS)では綾野剛さんと、2016年には『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)で星野源さんとタッグを組んでいます。

代表作『アンナチュラル』(2018年・TBS )は、大切な人を奪われた人の憎しみを描いた作品で、『獣になれない私たち』(2018年・日テレ)では、働く女性が自分の居場所を見出していく姿が描かれました。

これらの作品のように、野木さんの作品は現代社会の問題点を包み隠さず描くのが特徴的で、時折ユーモアも織り交ぜられているので見ている人が共感できる作風となっています。

また、『アンナチュラル』『獣になれない私たち』は、【MIU404】と同様に原作の無い野木さんによるオリジナル脚本作品です。

MIU404のプロデューサー

プロデューサーは新井順子さんです。

『Nのために』(2014年)『リバース』(2017年 )『アンナチュラル』『わたし、定時で帰ります』(2019年)などを多くのTBSドラマを手掛けています。

2018年の『中学聖日記』で新人俳優として注目を浴びた【MIU404】にも出演している岡田健史さんを準主役に抜擢したのは、実は新井さんだったのですね!

Twitter

新井さんは以下のように、【MIU404】の意気込みを語っています。

この作品は、警察ドラマを越えたエンターテインメント作品になると感じています。
2年ぶりに野木さんとご一緒できることになり、あまり知られていない「機動捜査隊」を舞台に、新たなオリジナルドラマに挑戦したいと思いました。
幾多の警察ドラマがあるなかで、
「2020年の今だからこそ描けるものは何か?」
「このチームだからこそ作り出せるものは何か?」
より高いエンターテインメントを求め、スタッフ・キャスト一丸となって製作しています。

(引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/intro/comment.html

MIU404の監督

監督を務めるのは、塚原あゆ子さんです。

脚本の野木さん、プロデューサーの新井さんとは『アンナチュラル』で以来のタッグとなります!

その他の代表作には、『リバース』『中学聖日記』などがあり、2018年には映画『コーヒーの冷めないうちに』、2019年にはTBS日曜劇場『グランメゾン東京』も手掛けました。

プロデューサーの新井さんとは多くの作品で一緒に仕事をしているようですね。

2014年には『Nのために』で、第83回ザテレビジョンアカデミー賞監督賞を受賞しています。

脚本の野木さん曰く、塚原さんはリアルを追求する監督だそうですよ(^^

 

MIU404最終回の結末予想してみた【ネタバレあり・考察】

1話放送前の最終回結末予想【考察】

まき 女性 44歳のMIU404の結末予想

ドラマの展開は原作も公開されていないオリジナルドラマなので予想しにくいのですが、警察内部に裏切り者(犯罪に加担している人)がいそうな気がするので、そういった人の悪事が明らかになって最終回あたりに逮捕されるんじゃないかと思います。

 

あと、このドラマがシリーズ化するとしたら、最終回後もストーリーが繋がるよう次の事件を匂わせるような終わり方をしたりもするのではないかと予想します。

それと、最初は噛み合わない主人公の二人がそれなりに噛み合っていくと思います。

kei 男性 35歳のMIU404の結末予想

今回は、桔梗隊長が何故新設の4部隊の機動捜査隊を新設したかが気になる所です。

 

機動捜査隊の1部隊に腐敗と不正が蔓延している状況になっていると思います。

 

そこで、桔梗隊長は過去の部下で優秀だった志摩を中心とした部隊を作ろうとすると思います。

志摩は理論で考えるタイプなので、野生の勘で動く伊吹とコンビを組ませて第1部隊の不正を暴こうとさせると思います。

 

最終的に、第4部隊が第1部隊の不正を暴いて第1部隊を解散させる展開だと思います。

daifuku6 女性 44才のMIU404の結末予想

結局のところ、ハッピーエンドですよね。
伊吹と志摩は性格的に対極にいる2人ですが、いくつかの事件に向き合い、時間を共有し、解決していく過程で良き理解者になっていくという展開になると思います。

最後は最強のバディになること間違いなしです。

最終回は、やっとこさ分かり合えた2人が、別の部署に異動になってコンビ解消となりますが、とある事件で再会して「よっ!」って、懐かしさを含んだ笑顔で声を掛け合うシーン。
そんな結末を予想しています。

こてつ 女性 28才のMIU404の結末予想

展開の予想としては、主演のお二人が協力をして犯人を逮捕していくストーリーになると思います。

 

伊吹と志摩は、性格が正反対とのことで初めは衝突することが多いのかなと思います。

 

時間を重ねていくごとにお互いの間に信頼関係が出来てきて、真のバディに変わっていくのかなと展開を予想しています。

 

難事件が多く2人ではなかなか解決できない展開で、他のキャストとも協力して犯人を逮捕していくストーリーになっていくのではないかと予想しています。

 

​MIU404の原作ネタバレ情報。最終回結末予想まとめ のまとめ

ここまで、ドラマ【MIU404】の原作ネタバレや脚本家について、さらに最終回の結末予想などをまとめてきました。

【MIU404】は、原作は存在しない脚本家の野木亜紀子さんによるオリジナルストーリーであることがわかりましたね。

野木さんが手掛けたオリジナル脚本作品の代表作が『アンナチュラル』となっていますが、アンナチュラルでタッグを組んでいたプロデューサーの新井順子さんと監督の塚原あゆ子さんの3人が再集結した作品ということで、『アンナチュラル』のように素晴らしい作品になること間違いなしではないでしょうか(^^♪

更に、主題歌を担当するのが、『アンナチュラル』と同様に米津玄師さん!

ドラマの為に書き下ろした曲となっています。

まだ主題歌のメロディーは発表されていませんが、ドラマの疾走感などの世界観を表現していて、ドラマを盛り上げてくれることが期待されます。

米津玄師さんもドラマを楽しみにしているようですね♪

【MIU404】は、一話ごとに完結していくので、目の離せないドラマです。

放送開始が待ち遠しいですね!

MIU404見逃し再放送は地上波でいつ?無料視聴の動画 はある?
この記事では、MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)の地上波での再放送情報と、見逃し配信・ドラマ動画を無料で見られる方法についてまとめています。 綾野剛さんと星野源さんがW主演を務めることで話題の刑事ドラマ【MIU404】(ミューヨンマ...